• ここ最近東京や大阪、兵庫など、大都市圏でコロナウイルス感染者が日々増え続けてる。それも、かなり纏まった数で。このままだと、イタリアなんかで見られる、医療崩壊の状況に陥ることになる。そういう最悪の状態を避ける唯一の方法は・・・これ以上感染者を増やさないこと。だから、このまま感染者数の増加に歯止めが掛からなければ、都市封鎖もあり得る。そうならんように、各都府県の知事などが、週末の不要不急の外出自粛要請... 続きを読む
  • わかりやすい連中やな・・・コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からない。この脅威的なウイルスの存在が発覚した時点での、政府の初動が甘すぎたのだ、ということを以前の記事で書いた。新型コロナウイルス(COVID-19)について率直に思うこと新型コロナウイルス(COVID-19)いま世界中を震撼させている、新型コロナウイルス(COVID-19)。先月の20日前後あたりから徐々に世間で騒がれ始め、今や中国本土はもち... 続きを読む
  • 全ては寝坊から始まった・・・それにしても、2日の営業は本当に苦戦したな・・・。よほど疲れてたのか・・・目が覚めたら・・・15:00前・・・アカンやん!!飛び起きてリビングへ行くと・・・息子がおる・・・。『オマエ、なんでこんな時間に家におるん?』と言いかけて、ふっと思い出した。そうや、今日からうちの息子も臨時休校やったんや・・・。6年生の彼は、もうちょっとで卒業。残り少ない小学校生活を、仲間と楽しく過ごす... 続きを読む
  • 出典:photolibrary 烏滸がましくも戦国武将を詠んだ俳句に喩えてみる● 鳴かぬなら殺してしまえホトトギス● 鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス● 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス上から、戦国三武将である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の性格を、渡り鳥のホトトギスに喩えて詠んでいる、あまりにも有名な俳句。これらの俳句は、その分かりやすさから、現代でも仕事はもちろん恋愛など、いろんな場面においてしばしば喩えと... 続きを読む
  • 地元でしっかりチャージしてきた地元神戸でしっかりエネルギーをチャージして、帰って来た。元気そうな両親の顔を見ることが出来て、ホンマによかった。山垣畜産のモツ母親が、帰りに山垣畜産のモツを持たせてくれた。相変わらず鮮度の高いモツや。ここで売られる肉は、どれもクオリティが高い。このモツを家でおいしく焼くのは難しいので、煮込みにしよう。しっかり茹でこぼし処理をしてしっかりアク抜きした蒟蒻を加えてコトコト... 続きを読む

Sponsored Links

Profile

Driver Takabou

Author:Driver Takabou

大阪で夜勤のタクシードライバーをやりながら、自分の仕事も運営するアラフィフの自由人です。

プロフィール詳細はこちら

To lead a better life

楽天市場


楽天トラベル

Contact

ご意見・ご質問等はこちらからどうぞ
Click here!
↓↓↓↓
管理人直通のメールフォームが起動します

検索フォーム