乗務前の午前中に生野警察署へ診断書を提出したものの・・・


生野警察署へ診断書を提出


日曜日の夜あたりから首と腰に痛みなどの異常が出始め、月曜日に病院に行って診察を受けたという話は、前に書いたとおり。

僕のような交通被害事故の案件の場合は、医療費の扱いがかなりデリケートになり、一旦は十割負担で立て替え払いするのが一般的。

ただ、今回の僕のケースの場合は


・運転者が無免許運転

・乗っていたクルマが勤務先の社長名義

・そのクルマが任意保険未加入



などと非常にややこしく、ヘタをしたら被害者であるにも関わらず、2万円近いお金を丸損するリスクが高くなる。

そこで、会社を通じて病院に交渉を入れてもらい、僕が不利にならないようにしてくれはった。


本当にありがとうございます!!


そして今日、診断書を入手、管轄の生野警察署へ提出しに行って来た。


最初は、乗務の途中に寄ったらええか!と思ったけど、乗務中は時間勝負になり、余計なロスは避けたいので、今日、乗務前の午前中に、あえて時間を作ったというわけ。


実際、さらに調書作成に協力することになり、3~40分拘束されたので、この判断は正解やった・・・。

これで正式に人身事故扱いとなり、書類が検察に送られて、相手は免許取消処分になると思う。


今の時代、運転免許を取り消されたら、仕事面をはじめ、いろんな面で不都合が発生すると思うが・・・自分がしでかした事にきちんと向き合って、猛省してもらいたい。


とはいうものの・・・


そもそも、常識ある人間ならば、免停中の身でクルマの運転をしようなどという発想は湧かないはず・・・

加えて、勤務先の経営者も、自身が所有するクルマを、任意保険未加入のままで済ませて何とも思わない時点で、我々の住む世界の人間とは違うことは明らか・・・


だから、いくら司法の裁きが下されたとしても、この手の人間には、そんなものは関係ないわけで・・・


相手の男は、また平気でクルマの無免許運転をするやろうと思ってる・・・。


まぁ、今後、相手の男がどのような転落人生を送ろうがどうしようが、僕には何の関係もないし、何の興味もない。

でも、他人に迷惑を掛けるな!!


ただそれだけだ。


生野警察署に到着し、クルマを止めて降りようとしたら・・・



話は前後するが・・・警察署に到着したら、駐車場が満車なので、最寄りのコインパーキングにクルマを止めて降りようとした時、腰が『ピキン!』となった・・・。


アカン、ギックリ腰・・・。


ヤバイと思ったその瞬間、静止して深呼吸したので、壊滅的な状況は避けれたが・・・


今日は乗務はムリや・・・


そういえば昨日の夜、自宅のトイレで便座に座ってる時も『ピキン!』ってなりかけた・・・


決してムリな姿勢を取ってたわけではなく、ただ単に座ってただけ・・・


自分では大丈夫やと思ってても、実は結構深刻な状況なのかも知れない。


診断書の提出終了後、速やかに会社に連絡した。


今日から乗務に復帰しようと思ってたのに・・・なかなかうまくいかんな・・・。


というわけで、今日も乗務をお休みします。

明日から復帰できるように、気合い入れて治しますので、よろしくお願いします!!


応援よろしくお願いします!
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩


ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

Sponsored Links

Profile

Driver Takabou

Author:Driver Takabou

大阪で夜勤のタクシードライバーをやりながら、自分の仕事も運営するアラフィフの自由人です。

プロフィール詳細はこちら

To lead a better life

楽天市場


楽天トラベル

Contact

ご意見・ご質問等はこちらからどうぞ
Click here!
↓↓↓↓
管理人直通のメールフォームが起動します