『夜勤に戻らへんの?』って最近よく聞かれるんですけど・・・

time-square-1610667_640.jpg

【夜勤不適格者】つまりは・・・ "向いてへん" っちゅうことです



今年の前半に、コロナ禍における『緊急事態宣言』『まん防』が解除され、世間では【Withコロナ】の方向へ向き始めて久しいです。


そんな中、ここ最近は『夜勤に戻らへんの?』ってよく聞かれることが多いんですけど・・・

結論から言うと・・・・・




戻る気は全くありません!




なぜか??


それは・・・自己分析するまでもなく、僕は夜勤不適格者、つまりは・・・




夜勤に向いてない




と思うからです。


確かに、夜勤は割増の時間帯がまともに絡んでくるし、終電後は長距離のお客さんに当たる可能性が高くなるから、たとえば、同じ営収30,000円を上げるにも、夜勤の方が短時間でコンプリートしやすい・・・つまりは稼ぎやすいワケですが・・・

大阪市域交通圏内において夜勤で稼ごうと思ったら、もはやキタやミナミといった繁華街での営業は避けて通れない、つまりは、酔っ払い相手の営業は避けて通れません。

そこが、僕にとっては大きなネックとなるのです。


実際に夜勤で営業してみればわかりますが・・・ほとんどのお客さんは、いい方なんです。


問題は・・・どうしようもない【酒に飲まれた輩】に遭遇した時なんです。


こうなってくると・・・同じ日本人であっても日本語は通じない、正常なやり取りはもはや不可能、理不尽な物言いのオンパレード状態で、もはやどうしようもありません。


で、こういう【イレギュラー】に遭遇した時に、何を言われても右から左へ聞き流して、適当にあしらい、何ならそんな状況をも楽しめればいいのですが・・・


残念ながら、僕は【酒に飲まれる奴】が 本当に大っ嫌い なので、そういう輩を前にすると、どうしても





このド腐れを成敗してやりたい!!




という衝動に駆られるから始末が悪い。


でも、タクシーは客商売なので、どれだけ相手が理不尽な物言いをしようが【成敗する】なんてのはもってのほかで、そういう行動に出た時点でこちらの負けやし、何よりも、そんなことしたら会社に迷惑がかかってしまう。


どう考えても相手が明らかに間違ってるワケやから、それを成敗しようと思えばナンボでも出来るんですけど・・・立場上それは絶対に出来ない・・・これって、かなりのストレス・・・。


あと、これ非常に大事なことなんですが・・・

夜に仕事する分、就寝するのは朝方から夕方にかけて、ということになるけど、僕はこの時間帯に睡眠を取るのがヘタクソ・・・

どれだけ遮光性の高いカーテンで閉め切っても、はたまたアイマスクをして耳栓を突っ込んでも、周囲の騒音やインターホン、電話などで目が覚めてしまい、熟睡というのとは殆ど無縁でしたね。

そんな常時睡眠不足状態の人間が、夜に営業したら・・・どうなるかは想像に難しくないですよね。


つまりは・・・僕は全くもって夜勤には向いてない、夜勤不適格者なんです。


その点、昼勤になってからは・・・朝に起きて、夜には就寝して熟睡・・・人間の生活サイクルとしてごく当たり前のことがこんなに心地いいのかと、改めて思い知らされた次第。


営業してても・・・九分九厘マトモなシラフのお客さん。


その代わり、昼間は渋滞も多いし、ロングを引くことなどそうそうないので、同じ売上を作るには街中を縦横無尽に走り回る必要があるけど、そんなのは僕にとっては大きな問題ではない。



ということで、また明日から昼勤タクシードライバーとして、安全第一で営業しますよ。




それではまた!!



励みになりますので
ポチッと応援・フォローよろしくお願いします!

⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩


関連記事

Sponsored Links

プロフィール

Driver Takabou

Author:Driver Takabou

大阪の昼勤務タクシードライバー、ブロガー、動画クリエイターなどの顔を使い分けて自由に働き、よく遊び、よく呑んでストレスフリーに生きる自由人です。

Driver Takabouと連絡を取る

私の会社では、新しい仲間を募集しています。

私のような働き方で伸び伸びとお金を稼いで、自由を手に入れたい方は、ぜひご連絡下さい。

しっかりとフォローさせて頂きますよ。

まずは下のポストの写真をクリック!
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
ご意見・ご質問等もこちらからどうぞ

その前に→FAQ:よくある質問集

管理人直通のメールフォームが起動します


プライバシーポリシーはこちら


検索フォーム

プライバシーポリシー